Fighter のバックアップ(No.10)

Last-modified:

種族HuDwElGoHaFaLiOrTr基本能力値StrConDexChaIntWisWilLea
1818161312121412

ファイター。
片手武器を中心に、多くの武器スキルに+5成長を持つ前衛クラス。
Barbarianと比べると弓と弩による遠距離攻撃が強いという特色がある。本ゲームでは戦闘中に武器の切り替えができるため、敵に接近するまでに弓矢で遠距離攻撃できるのは大きなアドバンテージになる。
Fighterは+5成長の武器スキルが多く、どれをメインとして伸ばしていくか選択しなければならない。

  • Sword
    • 無難な選択。固定で入手できる優秀な片手剣があるため、アイテム運の悪さを嘆く心配が無い。
  • Axe
    • Dwarfならば初期スキル値によりAxe一択。片手斧は性能にバラつきがあり、Dwarf以外にはお勧め出来無い。
  • Mace&club、Polearm
    • お得な選択。これら2つのスキルは、スキル1つで片手武器と両手武器を扱える利点がある。特に遠距離攻撃を行う場合は行動力1で弓から近距離武器への切り替えができる。(二刀流や盾持ちだと右手と左手で二回武器交換する必要がある)

Fighterにはいくつかの育成像が考えられる。

遠近両用

近接攻撃と射撃の双方を伸ばしていく、遠近両用型。
魔法が弱体化した現環境では弓矢で敵の後衛を攻撃するのが非常に重要であるため最も有用な構成となる。
武器スキルはMace&clubかPolearmで両手持ち武器を持つと良い。行動コスト1で簡単に武器の切り替ができるし、二刀流や盾を鍛える必要がなくなるので余ったスキルを別に回せる。
DodgeとToughnessは重装備をするならToughness、回避も確保するならDodgeを優先的に鍛えると良い。

  • メインスキル
    • 近接武器スキル、Bow又はCrossbow、DodgeかToughness
  • サブスキル
    • Double Strike

二刀流型

Two weapon combatスキルで2本の片手武器を振るう、火力重視型。
序盤のうちは二本目の武器の命中が頼りなく力不足な感があるが、スキル成長と強力な片手武器が揃うにつれ、Golem/Barbarianを上回る火力を発揮出来るようになっていく。
斧の初期値が高いドワーフや、二刀流の初期値が高いエルフにお勧めの構成。

役割を増やしたいなら遠距離攻撃も鍛えたほうが良い。ドワーフなら弩が初めから初期値が高いのでお勧め。
二刀流スキルはそこそこ上げておけば普通に二回目の攻撃もヒットするようになる。

  • メインスキル
    • 武器スキル
  • サブスキル
    • ToughnessかDodge、弓・弩、Two weapon combat、Double Strike

盾持ち

盾による高い防御能力で優秀な壁となることを主眼に置いた防御重視型。
盾スキルは盾を装備していないと効果がないので、片手武器の他にもモールやハルバード、弓矢を使うならDodgeを上げた方が汎用性は高い。

両の手に盾を持つ、盾二刀流とでも言うようなスタイルも可能で、この場合それぞれの盾にShieldスキルボーナスが加わるため、攻撃を捨てる代わりに凄まじい防御力を得ることも出来る。
とはいえFighterで盾二刀流だとやれることが少なく経験値を上げにくいので、むしろレンジャーやバードで役立つ構成かも知れない。

  • メインスキル
    • 武器スキル
  • サブスキル
    • ToughnessかDodgeかShield、弓・弩、Double Strike

射撃特化

FighterはBowスキルとCrossbowスキルも+5成長であるため、射撃に特化したキャラを作るのにも向いている。
他の武器スキルが低いハーフリングやフェアリーを戦士にするならこの構成もあり。
あるいは暗視能力の高いオークに行動力を上げる装備を着けて、一人敵の裏に周りながら斥候狙撃手プレイさせるのもありかも知れない。
敵に接近された時はテレポー