Bard の変更点

Last-modified:

|BGCOLOR(skyblue):CENTER:種族|CENTER:Hu|CENTER:Dw|CENTER:El|CENTER:Go|CENTER:Ha|CENTER:Fa|CENTER:Li|CENTER:Or|CENTER:Tr|BGCOLOR(skyblue):CENTER:基本能力値|CENTER:Str|CENTER:Con|CENTER:Dex|CENTER:Cha|CENTER:Int|CENTER:Wis|CENTER:Wil|CENTER:Lea|
|~|CENTER:○|CENTER:|CENTER:○|CENTER:|CENTER:○|CENTER:○|CENTER:○|CENTER:○|CENTER:|~|CENTER:15|CENTER:14|CENTER:14|CENTER:18|CENTER:16|CENTER:13|CENTER:16|CENTER:14|

バード。
Musicスキルの専門家だが、MagicスキルとTradingスキルも持つハイブリッドクラスである。
初期から必ず楽器を1つ持っている。
Merchantに次ぐTradingスキルを持つため、基本的には交渉役としてパーティに入れることになる。
MerchantとBardを同時にパーティに入れる利点はほぼ無い。また、複数のBardをパーティに入れるのも、ページ下部に記述してある理由によりお勧めは出来ない。

最高のTradingスキルを持つMerchantと比較した場合、BardはTradingスキルで劣る代わりに戦闘能力で勝る。
初期からそこそこMagicスキルを持っており、+3成長であるため、Magic系の補助魔法を使わせるのに向いている。
特にやらせることが無い状況でも、楽器演奏で着実に経験値を積んでいけるため、中盤までに限れば全クラスで最もレベルアップが早い。
楽器演奏も、Musicスキルの上昇につれ効果が発生する確率が上がり、その威力も上昇していく。

初心者はBardを交渉役にした方が後悔が無いだろう。
初心者はBardを交渉役にした方が無難だろう。

-メインスキル
--Music、Trading、Magic
-サブスキル
--Dodge、Toughness

***楽器演奏による危機的状況の打破と弊害 [#taef2e4d]
楽器演奏の効果の中には、敵全体にダメージを与えるという強力なものがある。
強い敵が大量出るような困難な戦闘でも、この効果を引き当てることで強引に突破出来る場合がある。
一方、Helherronでは範囲攻撃や全体攻撃で敵を倒した場合、その相手はアイテムを落とさないという仕様がある。
高いMusicスキルを持つまでに成長したBardは、この効果を頻繁に引き当てるようになるため、楽器を演奏することが戦利品の獲得機会を減らし、間接的にパーティの戦力向上を妨げることになってしまう。

つまりは、ご利用は計画的に。


**スキル成長値 [#u82f7fe0]
|>|CENTER:&color(black,#ffcccc){戦闘系スキル}; &color(black,#ffffc6){補助系スキル}; &color(black,#c6ffc6){魔法系スキル};|
|BGCOLOR(#ff8484):+5|&color(black,#ffffc6){Music};|
|BGCOLOR(#ffbf8f):+4|&color(black,#ffffc6){Trading};|
|BGCOLOR(#ffff8f):+3|&color(black,#ffcccc){Sword Axe Mace&club Staff Polearm Dagger&Knife Throwing Bow Crossbow Martial-arts Shield}; &color(black,#ffffc6){Hunting Detecting}; &color(black,#c6ffc6){Magic};|
|BGCOLOR(#bfff8f):+2|&color(black,#ffcccc){2h-sword 2h-axe Two-weapon-combat}; &color(black,#ffffc6){Dodge Toughness Kicking Stealing Swimming Blacksmith Stealth Backstab}; &color(black,#c6ffc6){Alchemy Scribing};|
|BGCOLOR(#8fff8f):+1|&color(black,#c6ffc6){Prayer};|